2021年03月14日

2021年

いつのまにか年もあけていたのでいいかげん新スレ立ててもよかった

1615503591765.png
県内の公立図書館でsfマガジンをとっているところは
もうないのだそうな
われらの文化は老いたのだ

1615671360054.png


1615759384823.png
「屋台で高いお金はらって、原宿をぶらぶら浮かれ歩きながらかじる」のがクレープっておもってましたが

妻ちゃんは「クレープにクリームとバナナはさんだやつ」がとにかく食いたかったらしい

できたものは手に持って歩くには向かないしろものでした

1618299937688.png
ヱヴァンゲリヲンおもろかった
なにかとわけわからんことも多かったけど(当然ね
あんまりきになってない
posted by 02 at 06:43| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

つくりもの

200503_174017.jpg

土偶つくれと息子に云われて板状土偶の制作
息子は土器つくりました
posted by 02 at 19:29| Comment(0) | つくりもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月21日

2020年

1579574252198.png
川上から五個目の桃がどんぶらこどんぶらこと流れてきて
桃五郎が生まれました
どっとはれ

1580877670204.png
いえね、二個目の桃が流れてきたところでおばあさん「またかよ」と心中つっこんだんです
それでも作法にのっとってすべきことをする、その点律儀なおばあさんでしたし、おじいさんも桃太郎もあえて反対しなかったし
そうして無事桃次郎は生まれたわけで

実際強く賢く育った桃次郎は、征服地を組織立てて収税システムを固める重要な事業を見事成功させたものです

1580958649343.png
三個目の桃にして「いつまで続くのこれ」とつい口に出てしまいましたがもう皿くらわば卓までというもの

桃三郎は幹部鬼、中堅鬼たちの饗応に力を注ぎ、
鬼たちは幹部鬼たちの励ましに応じて大いに働きました
その気になれば鬼たちは有能な商人(彼らが生産労働者というよりは交易者であることは、桃太郎のりゃくだ戦利品をみても想像にかたくないところですね)、
桃太郎にこそ敗れたものの、元々強面も利くし、戦いとなれば鬼のように戦います強いのです
いや商売の話ですってば

そんなわけでおじいさんおばあさんも潤うこと潤うこと

1581382316686.png
あるだけの蛮勇をふるって、四個目の桃をおばあさんはひろってきました
無視して流し去るだけの勇気はもうどこにもなかったからです

最初の桃をひろってから、かわいい子供たちは丈夫に生まれたし
頼もしく育って冨をもたらしてくれたしいいことばかりです
なのにこの胸のつかえはなんでしょう

桃四郎だってもう鬼が島リゾート開発計画をたちあげて
若い鬼たちの興味をあつめています
カジノに一番のりするぞ、とおじいさんは無邪気です

家を手伝わせている鬼の青年は多くの鬼たちの例にもれず敏活で、犬猿雉各軍のためのきびだんごづくりの腕前ではもうおばあさんもしのぐようになりました
でもかわいい桃太郎のためのきびだんごはいまでもおばあさんが丹精してつくっています
桃次郎桃三郎桃四郎はあまりきびだんごが好きではないそうです

1581994158740.png
結局、桃太郎は鬼が島に平和と幸福をもたらしたのです
鬼が島の検定教科書にもそう書いてあります(鬼が島の普通教育制度は桃次郎の肝煎りで導入されました)
これはもちろんおばあさんにとっても誇りであり慰めであります

いまひとり、家を手伝わせている鬼の娘は鬼たちの例に似ず愚鈍です
利巧な鬼たちがこんな愚図をどうしてかわいがって育ててきたものかおばあさんには不思議なぐらいです
それでもようやく洗濯ぐらいは頼めるようになってきたし
先輩鬼とも桃太郎とも仲良くやっているようです(そう、かわいがられているのです)

それでもおばあさんは六歳のガルマンよりひどく不安です
寝込んでしまいたいぐらいなので
今日は愚図な鬼を川に行かせることにしましょう
そして誰が幸せになるとか不幸になるとかは
書かれない未来に丸投げしておしまい

川上から五個目の桃がどんぶらこどんぶらこと流れてきて
桃五郎が生まれました
どっとはれ

1582592851759.png
85年のパチパチ増刊号たのしい

1582677731421.png


1583204893256.png


1586171107274.png


1586260231919.png


1586748095056.png


1586862431900.png


1587008933250.png


1587380317808.png


1587895031586.png


1587955788678.png


1588759175729.png
「ぼくにく!おとうちゃんにわとりね!おかあちゃんなべやって!」ってダーリンマイサンがぬかしやがるんですが
どんなロールプレイだ

1589161123127.png


1589257017784.png


1589859704878.png


1590446406853.png
図書館とショットガンは似ている

1591154283640.png


1592268313148.png


ち1404140388854.png
まちがって挽かれてないコーヒー買ってきた

1592963370776.png
ひっこしがめどくてギター製作すすんでないのでどうにかしたい

1593060119183.png


1593485909559.png


1593573523115.png


1594009404583f.png


1594352403946.png


1595218440964.png


1595413886312.png


1595578643828a.png


1596503487.png
長梅雨にへこたれない、というのは
大豆の重宝される要因の大きなひとつであるなと
おもいました

1598939677883.png


1598943202486.png
名無しさんおつきあいありがとう

1599004771494.png
最後のピチピチギャルとの呼び声もたかい02ですこんにちは
おじいちゃんになりました

1605760480300.png
ちょっと前に古いホンダアクティ買ったのですけど
旧型アクティってフレームないのね
フレームあるほうがかっちょいいし夢広がる感もあるけど
でもこれバイク乗ってるみたいな気持ちで転がせるので大変愉快です

1608801857897.png


1609308230149.png
「その石は、あの人です」って吉村さんに云われたら
「ファラオでけえ」以外の答えがないとおもう

1610158796890.png
煙突掃除を試みたら結露が曲がりのとこに溜まって
煤と混ざって凍っていたのでえらいことでした
ストーブ焚いて融かしてから分解掃除しました
二重煙突とやらならマシなんでしょうか
クプクプが掃除した船長のパイプってこんなんだったんでしょうか
posted by 02 at 12:00| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月12日

タコギター調子にのりたい

190910_134803.jpg
はいどうもタコギターでございます
先行作品が中塗り過程に入って待ち時間ができたので
次のも進めていきます

はいこちら
190628_131930.jpg
すでに随分変わり果ててててててておりますが
グラスルーツ製ルナシーINORANモデルの廉価版でしたね
お尻を短く切ってウェストまわりもいじってます

はいこちら
190628_132013.jpg
切り取られたお尻です
切り取った翌日には、陽光にさらされていたせいかひどく反ってますなんだこれ
塗料が熱で収縮したんでしょうかおそろしいです

はいこちら
190626_111321.jpg
ごらんくださいこの白い中塗り層
なんだか粉っぽくて生地への密着はなかなかです
これがこんなに分厚く吹き付けられてます

まあこの手のルックスだと、経年の塗料ヤセでボディはぎ合わせ線がバレてくるのが切ないのでしょうね

しかしこれを全部はがすとなると考えるだけで成仏です

11月
さてそんなわけでしばらくぶりに手をつけます
191106_102916.jpg

元は優雅なレスポールシェイプでしたが
大いにズレた美意識に則ってここまで変形されてしまいました
ウチなんかにきたばっかりに・・・・ううう・・・・

191111_124225.jpg

カッタウェイの角も切り飛ばしたほうがよさげな形ですねこれ
あと成型も研磨も楽になるし

お尻の非対称が気になりますか?
これは電気系を収める空間をいじりたくなかったから
そしてさらに02としては対称性の美しさを追求するつもりがまるでないからでもあります

どこかで落とした電話機が返ってきました
拾ってくださった方ありがとうございます
見前交番のみなさまおせわになりました
これで写真つき更新も続けていけます

うまくいけば年内にさらに二本完成できようかなどおもってましたが
わたしの手の遅さに加えて寒さのためラッカーがまるで乾かないのでどうやらムリです

191205_115633.jpg
色変えたいので塗装剥がします
ちょっと深い傷も補修したいので下塗りまで削らなければいけません
設備と技術のちゃんとあるプロなら既成のネック改造するよりイチから作るほうが早いんだろうなーと実感する日々です
素人はなー、材料調達からして壁なんだよう

191214_115836.jpg
指板の補修です 
写真では見えづらそうですね

20年2月
200212_114146.jpg

posted by 02 at 12:47| Comment(0) | タコギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月29日

タコギターまたもや

190514_083824a.jpg
はいどうもタコギターでございます

はいこちら 
190601_132256.jpg
19年6月
頭の痛くなるパースですがご覧ください
マホガニーボディは二十数年前某所ゴミ捨て場で拾ったもの
お尻あたりの輪郭線はすでにきれいに切り抜かれていたものです
ウェストより上を02なりにでっちあげてみました

190601_132317.jpg
こちらおわかりの方もあろうとおもわれますが
フェルナンデスのアレです例によってジャンクで入手した信頼のブランド物ネックです
ちょっとだけ輪郭に手をいれました

190717_095914.jpg
今回ブリッヂはリグナムヴァイタなる材で作ってみます
最も硬い木材との触れ込みですが普通に木工用刃物で加工しております
鮮やかな黄色と濃褐色の縞が魅力的ですが、残念ながらわりと素早く褪色してしまうもののようです
そうすっと普通に普通の茶色いローズウッドとあまりみわけがつかなくなります

まあローズウッドも微妙な紫色が褪色して茶色くなったものなどあるわけです残念です

190724_101703.jpg
元々のお尻の形を維持するつもりだったのですが、貸し工作室のボール盤の懐が短かったのですね
ブリッヂスタッド穴のあるべきところにドリルがとどかなかったのです
お尻上部からウェストを絞ってこんな外形になりました
お尻削ったと云ってもまだかなり大きめですね
このごろはやりの女の子とはいきませんね

190813_124824.jpg
19年8月
こっちを向いてよハニィ♪

雨つづきだったり風邪で寝込んだり
栗拾いと栗剥きで忙しかったり
なんだか用事がうるさかったりで
停滞気味でしたがつづきです


ノミ跡残したほうがおもしろそう、と妻ちゃんのご意見もありましたが
今回は磨いていきます
しかし生地調整は憂鬱な仕事でもあることだし
そのうちノミ跡仕上げもやってみます

10月
191023_113834.jpg
どうですなかなか気色悪い色になってくれました

191023_113737.jpg
ヘッドの着色もバッチです
そして中塗り過程に入ります

191112_083830.jpg
中塗り塗料はサンディングシーラーと呼ばれまして
小さな凸凹を埋めて表面を平滑にするのが主な機能です
ほら塗面を磨くと随分肌合いも変化するものですよ

まあ写真ではわかりませんが

191112_084021.jpg
巨大な虫食い穴は瞬間接着剤で強引に埋めるのです

191112_083906.jpg
ぎゃー
いやまあ中塗り研磨過程では付き物の失敗ですがどよーん

息子くんの幼稚園が冬休みになったので作業もおそくまたネットもいじりがたかった今日この頃皆様いかがおすごしでしょうか

2020年1月
200112_125703.jpg
磨きますまあ磨きます

200124_123400.jpg
ピカールでみがきあげれば色の深みも出るってものです
色の深みが出れば満足ってことにして、市販ギターのようなぴっかぴかに仕上げるつもりはまるでありません
できそこないのギターだとみんなは云うかもね
でもでもいいぢゃないの!あたいは好きでやってるのよー

200128_102301.jpg
約束しましょう今度の日曜日♪
スイッチ用空間が塗膜でせばまったので彫刻刀でどうにかします
広くしたら底の浅いことも発覚したのでドリルでどうにかします
ワイルドはタコギターのミドルネームってことでいいですもう

200128_133601.jpg
音出しチェック!
コントロールはボリューム、フルテンスイッチですが
フルテン有効にしてもなんかボリュームが干渉してくるような
というか実験する毎に反応がちがうようななにこれ

200128_135752.jpg
ううーんフルテン有効の場合でもボリュームがつながってしまってるってことですか

200130_124558.jpg
どうだこれなら

200130_124617.jpg
いけた!

こういうことなのかしら.png
いけたはいいけれど今一よく解かっていない
こういうことだったのかしら・・

気色悪い形の霊感源は鮑とかpanpanyaのマンガに出てくるアレとかだったような気がします
海臭いかんじです

20年1月
200202_104259.jpg
側面というもののないボディ形状!
各々孤立したコントロールパネル!

200205_091817.jpg
まったいらな背面!
わーたしのおもいつきで作ってあげーるわ!

孤立型コントロールパネルの問題点.png
孤立したコントロールパネルというのには問題点がありまして
木工が困難、配線材が長めに必要、それでいて容量は小さいのでフタすると配線材に負担が大きくなる、配線作業が面倒、シールディングがほぼ不可能、など
機能的にはおおよそいいとこなしです

いや、裏からザグリかませば一挙に全部解決しちゃうんですけどね、背面をのっぺらぼうに仕上げたいという私自身意味不なこだわりによって
困難かつ非機能的なことになってしまったのです

20年2月
200212_111243.jpg
弦の張力でブリッヂ前縁が押し付けられた跡です
ワッシャかましてしっかりネジでおさえつければまあちょっとマシになるはず
ワッシャ跡はがっちりつくことでしょうが

20年3月
200325_101243.jpg
そうそう、フレットすりあわせもしておかなきゃ
ボディはきちんと養生してね、よしできた、養生テープはがしましょう
・・・・・・・・・・・・!

20年4月
200408_061226.jpg
弦高とピッチの調整です
ふつうに根性要求される仕事です

200422_104431.jpg
アジャスターカバーです

200423_095738.jpg
どうです、なかなかかわゆくできました
右上は息子の描いたクリオネです 借家なのに・・・・

ルックスはさておき、音は妙にトレブリーでボリューム感に乏しいのです
生音はそんなに偏った音でもないのでおそらく電気系の問題、ピックアップがどこかで短絡してるとかでしょうかね・・

200428_095931.jpg
さてここでボディを裸にしてしまいます
泣きながら

200428_100911.jpg
えい、こうだ

200428_101015.jpg
裏から見るとこう

200428_104351.jpg
さらにこうです
正しい機能性がバカを打ち倒した瞬間です

まあこんなギターいじってるあたり、まだバカは死んでいません

200428_105927.jpg
puザグリも深くしました

はいどうも皆さまお忘れタコギターでございます
こちとら忘れちゃおりません電脳の具合が悪すぎてどうにもなんとも

9月
さてボディ裏にザグリを設けたからには裏蓋が必要になってきます
これは板材を入手し、必要な裏蓋形状を写し取り、
ネジ穴の見当つけてドリルで穿孔かまし、外形を切り抜き、形を整える、という
なかなかにロンゲンワインディンな仕事となります

こちらロンゲンワインディンロードを越えてきた品になります
200923_140232.jpg
銅板のぴかぴかのままもどうかとおもって屋外に晒しております

しかし9月も末のこと、盛岡のしかも山の中さらに谷間の我が家のこと
一月晒してもぴかぴかのままなのに業を煮やして
10月ストーブに放り込んでこのありさま
201205_124319.jpg


12月
うかうかする間に冬
配線しました
201205_124248.jpg
向こう側に見える太い裸銅線はブリッヂアースです
これにアース配線を集中したららくちんかなとおもいついたのですが
ううーん

201209_141815.jpg
おお、ひらめいた

201209_151305.jpg
どうです、スマートとはわたしのことさ

201210_140302.jpg
裏蓋閉めて

201210_140534.jpg
ほら暫定完成

201210_140604.jpg
まあ、弾きながらちまちま調整します

201210_140626.jpg
音は、前作よりずいぶん低音よりです
マホガニーボディにダブルコイルの組み合わせですかねやっぱ
より「エレキらしい音」と感じられるのはPUのパワーが勝るせいでしょうか

今使ってるcrateのアンプだとこちらのほうが「すぐに使える音」かもなあ
posted by 02 at 13:44| Comment(0) | タコギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月12日

2019年

1558495921865.png
おひさしぶりの絵板でした

1559103381567.png


1560826423161.png


1566961927178.png

あたしゃナニガシカ山のダレカー
ナントカドレカをアレしてみましょー
×× ××× ×× ××× ×× ××× ×× ××× 
ダメですかー

1568168241078.png


1568169940446.png


1570592894923.png


1571105563775.png


1573615222746.png
消費増税記念作品です

1574136740463a.png
修正

1574914336741.png


1575000422589.png
ひとつ前の作品が実はムンクのぱくりであったなどだれも気づかなかったことでしょう

1575344857005.png
posted by 02 at 13:41| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月17日

タコギター再始動

190514_083824a.jpg
はいどうもタコギターでございます

190516_111858_400.png
をつくりたいという志を眠らせたまま幾星霜
ただバカだけを実践してまいりましたが
実に二十数年ぶりの自作ギターと呼べるものをご紹介できる運びとなりましたことを(以下略

はいこちら
181127_115932.jpg
二十数年前某所ゴミ捨て場で拾った、テレキャスターのつくりかけですね
前PUザグリからのドリル穴がボディ裏まで貫通していたり
ネックポケットザグリの縁にエポキシパテ盛って更に削った跡があったりなかなかワイルドです
更にこの後ろPUザグリにご注目。
テレキャスター用後ろPUをダブルコイルにしようという目論見でしょうか

前ビルダーさんとしては加工の失敗よりもこのダブルコイル計画のワイルドロードっぷりに自ら恐れをなして踵を返してしまったのではないかと

はいこちら
181024_131024.jpg
18年10月 萬屋(盛岡市随一のオタショップかもしれない)でジャンク二千円でした
先ほどのテリーボディをギターとして活かしてやろうと考えたきっかけがこの出会いでした
ゴミ捨て場テリーにジャンクネックを移植しようという試みです

それにしてもこれまたワイルドなヘッド形状ですね
弦先がひろがりすぎてストリングリテイナーが二個必要になってます
自由です

「フレイバー」って書いてありますかこのヘッド
どっかで別ブランドのそっくりギターを時々みかけるような気もします
そのへんの背景にもワイルドなものが感じられますね

(追記)
「ジャクソンヘッド」とよばれるものがあったことをおもいだしまして
つまり云うほど自由でもなかったわけですが別の意味で自由です(以上追記)


ともあれネックはまあまあまっすぐのようです。きっと素敵なワイルドギターができるさ!
ドバッドバッといこうぜ!

ネックはまあまあまっすぐ、と申しましたがどう見ても本起きのような症状がみられます
定規をあてれば一目瞭然、ネックはまあまあまっすぐ、ボディに本起きを来たしております

181031_105300.jpg
さらにネックをはずしたポケットの写真がこれです・・一体なにがあったの・・・・

181031_105353.jpg
そしてこちら
ナットを貼り付けるための平面に事欠いて接着剤ぶあつく充填しているようです
無事ナットをはがせるかどうか不安です

あとネックを叩くとカタカタ音が出ることに気づきました
どうやらトラスロッドの埋めが甘いようです
アジャストは効くようですし、出音に悪影響のないことも普通にあるのであまり気にしないことにします
ニコッニコッと笑って大丈夫!

181126_133826.jpg
18年11月 毒気をぬかれてしまうようなことばかりですけどわたしは元気です
負けてばかりもおれないのでワイルドでいきます

181127_113544.jpg
「バカぢゃね」と妻ちゃんが云ってくれました
がんばります

181127_135609.jpg
前PUザグリは使わないので
まずは長方形にザグリを拡大して

181207_155638.jpg
18年12月 埋めます
埋め木はたぶん楢かなんかの類です
「スルッと入るぐらい、でも隙間のないぐらい」が埋め木の理想だそうで、接着剤つけるとクランプで押し込まないと入らなくなります

181220_132604.jpg
トリマーであたらしいネックポケットを掘りました
なんだかかなりいびつになってしまったので木片はりつけてやりなおしました
もう前ビルダーのワイルドっぷりにつっこめません
お面だーい一本!

181220_143338.jpg
「あれー、おれそんなリッケンバッカー好きだったっけ」
外形をおおまかに削りだしたときそんなことおもいました

190111_130820.jpg
とっときのマグロ材です
バカギターにとっときのマグロ持ち出すあたりがつまりバカギターたるのゆえんかもしれません

バーブリッヂの問題点.png
ところでギブソンスタイルのバーブリッヂにはちょっと問題がありまして
大体、ブリッヂに対して弦が直角になったとき望ましい弦間隔が得られるようにデザインされているわけですね(イラストa)
しかしバーブリッヂというのは斜めに設置されるものです(イラストc)
これではブリッヂ設計上の理想より弦間隔はやや狭くなるし、
もっと問題なのは弦たち全体が向かって右寄りに配置されてしまうことです

バダスとか、もうサドルが一個づつ独立して動かせるんだから斜め配置なんかしなくてもいいのにーなんておもいますけど
そもそもがギブソンの互換部品だから仕方がないのかなー
それにしてもこの「右寄り問題」の解決はありそうなもんだけど

ポールリードスミスのバーブリッヂはギブソンほど大きく傾いた設置にはなっていないように見えます
サドル機能にあたるブリッヂ稜線での弦長調整が大きくとられているからですかね
これは「右寄り問題」の低減になっていそうです

(追記)先日楽器屋さんに展示されていたバーブリッヂ搭載ギターたちをジロジロながめてきたところでは
「右寄り問題」は起きていないようです
まあポンコツ目で見てきただけなのだけど弾きごこちに影響するような偏りはどうもなさげ
これは

a.問題はそもそもごく小さいので問題ない
b.問題は対策されている(たとえば、ブリッヂがちょっぴり左寄りに取り付けられている、とか?)

が考えられ、aが正解であるならば昔02の経験した右寄り問題はむしろ02のデザインのほうに問題があったということになりそげです
さて現物がないので検証しがたいが(以上追記)

190129_114929.jpg
19年1月 そんなことを考えながら斯様に傾いた架台に問題のマグロ材のっけてボール盤にあてがうわけです

190129_124447.jpg
ボール盤の必要な作業はまとめて片付けてしまいましょう
具体的にはチューニングキー穴、ボディのネック取り付けネジ穴、ボディのブリッヂ取り付け穴、ブリッヂのブリッヂ取り付け穴、弦通し穴です

ボール盤は肴町ホームセンターの貸し工作室KITENEでお借りしました
工作室の使用は一時間600円です


190210_123846.jpg
19年2月 カエル、カエル、カエルのおへそに花生けてー

190210_130804.jpg
それでもだめなら!ダイナマイトほい!
意外にすんなりナットは外れてくれました

190210_140924.jpg
しかしやっぱり、ヘッド面の塗装を擦り落とすとナット接着面と呼ぶにはあまりにはかない面積がのこるばかり
まあこんなのはナイフでちょっと削りこめば済むのですが
指板接着面よりもナット接着面が低くなるだけです

それにしてもこの指板表面のカーブのワイルドなこと

190212_123015.jpg
ナットもとりつけて、もうギターとしてのプロポーションをあらわしております
感無量です

190226_103033.jpg
なんだかたくさんある小さな穴を埋めます
主に美観の問題です

190306_140642.jpg
19年3月 ボディ形状も追い込みます
素人くさい凝り様ですね

190322_144931.jpg
19年4月 うむ

190401_160211.jpg
フレットすりあわせの上さっさと塗装に入ってしまいます
赤ラッカーをシンナーで薄めて生地着色しました
クリアカラーのラッカーというものが見つからなかったのです

190401_160239.jpg
ロゴはスクリーンプリントです
文字の縁がジャギジャギだったりなんだか布目が出てたりするのは
版を左右逆転して切るのを忘れたせいなのでたいしたことではありません

とろけた跡はプリントに使った絵の具がラッカーに弱かったからです
プリント後にラッカー塗るときは何度か薄く塗り重ねてゆくこと
ちぃおぼえたしあんまり気にしない

190401_160228.jpg
ラッカーの垂れ跡もあるし気泡跡もあるけどもうほとんどオレ用ワイルド仕上げのつもりになってるので気にしません
サンディングシーラーなんかすっとばしてうすくトップコートしてしまいます
このへんの着色ムラ具合なんか萌えだとおもうんですけど

190411_141235.jpg
感無量です

190415_113816.jpg
さてチューナーつけて弦張ってみると「ギターらしさ」も格段あがるものです
ワイルドスカーフェイスも意外なほどちんまりキュートにまとまってしまいました

190415_113841.jpg
ぐはははは

190417_140850.jpg
電気系もとりつけてまずはギターになりました
コントロールカバーは銅版切り出してサンポールで表面荒らしたもの
全面緑青になってくれればもっとよかったんですが

190417_141102.jpg
スケールは648ミリ
フェンダーのレギュラースケールとおなじなんですが
テールを短くとったのでこれでzo-3よりも全長は短いのです

190417_141021.jpg
アジャストカバーもつきました

非の打ち所のないハンサムとはいきませんが大変かわいいギターになりました
バカギターとしてまずは満足です
ここからはアラをつぶしてどれだけフツウによいギターとして調教できるか
具体的にはビビリ音の原因究明と対策ですかね

190522_073707.jpg
19年5月 雫石軽トラ市のとなりで開催されたガラクタ骨董市に出展しましたが

バーブリッヂの問題点2.png
さてギブソンスタイルのバーブリッヂにはちょっと問題がありまして

そうそう、昔、初めて02が自分でデザインしたギターもバーブリッヂ搭載だったんですけど
シンプルなバーブリッヂと安売りしてたバダスとを何度も載せ替えて弾き比べてたんですよね
シンプルブリッヂのほうで強く弾くときりきりしたノイズが聞こえることがあって
それがなぜか判らなかったのです

シンプルブリッヂのプロフィールはなだらかな曲線でできたそれ自体が巨大なサドル、
であることがどうやら原因らしい
サドルに長く横たわって押し付けられた弦は、面圧の低さにより、
強く弾かれたとき横ブレを起こしやすかったのではなかったか

バダスのようにとんがったサドルの先っちょに高い面圧で弦を押し付けてみたらあるいはビビリも低減するのではないか

そう考えると、ギブソンのバーブリッヂでも後期にはあまり美しくない稜線がつけられているものがあること
あるいはポールリードスミスのように弦溝をしっかりほりこんで、しかも稜線より前は完全に弦を開放する形のものがあること
など納得いくものがあります

190520_155042.jpg
これでどうだ
ドンピシャです
ビビリは随分おとなしくなって、高音弦の音も太く伸びるようになりました
ばんざーい

190516_112613.jpg
妻ちゃんも弾いてくれました

190516_112053.jpg
ボリュームノブ、こっちのが似合いますね

190520_155242.jpg


190520_155326.jpg


アッシュボディ、メイプルネック、テリーPUとテリーな要素がそろってますが
「テリーってこんな音よね」って音ではありませんね
そもエレクトリックギターに期待されるような、ピュアで押しの強い音ではあまりありません
ゴリゴリ重低音やキリキリの高音には乏しくて、
ふんわりやさしい倍音に富む感じです
弾き語りには似合うかも

これが黒檀ブリッヂの効果でしょうか
金属ブリッヂと載せ替えて比べてみたいものです

バカギターとしてはダブルコイル計画を押し通してみたいもの
テリーの太めPUではこのザグリに収まらなそうですから
位相の合うストラト後ろコイルが二個入手できたら検討したい
それでこそ前ビルダーのおバカに敬意を示しつつ越ええたことにもなりましょう

お金に余裕ができたらシールディングも進めたいところ
しかし盛岡って東京に比べるとまるでノイズがすくないのであまりやりがい感じないかもしれないw
線路の近くだったりもっと町のそばだったりしたら違うのでしょうけど

190527_151231.jpg
兄のタルボと弾き比べてみました
兄のタルボはタルボといってもアッシュボディのコピー品で、
さらにメイプルネックにテリー用PU、ウィルキンソンのテリー用ブリッヂと
まあオリジナルのテリーとは違ったところもちょこちょこありますが
楽器としての要素はまさにテレキャス
音も「テリーいいよね」的な音といえそうです

比べてみて、今回の赤いギターについては、まあ先に書いたとおりの印象を強化されたかんじです
ひとりでローコードばかり弾いてる02には向いてるとおもいます
こんなの好きなヒトも世の中に結構いるとおもうのだけど

妻ちゃんがヴィデオ撮ってくれました
三分半ぐらい、演奏のヘタッピなのには目をつぶりましょう
https://youtu.be/-xsEbJmQh1A

こちらは対照としてタルボ弾いてみたところ
随分ちがった音です
https://youtu.be/UJqGxxcolsM











posted by 02 at 12:23| Comment(0) | タコギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

2018年

171216_182226.jpg
cdrのレーベル面のクレヨン載りが大変よかったのです
そしてクレヨン落ちも大変早かった

1516759117056.png


1526944484673.png
これ追求したいな
posted by 02 at 10:26| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

ハコレレ一号

170417_122635.jpg

友人宅でヤキニクパーティの折その辺に転がってた桐箱もらってきたので
ウクレレつくりました
ネックは栗、ボディは桧だかスプルースだかでブレイシングしてあります

170417_122405.jpg

このボディできたの15年だったのね
三年越しだ
悩んだり休んだりしすぎました
posted by 02 at 13:29| Comment(0) | タコギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月13日

2017年

1月

16年末.jpg
ネタはがんがん使いまわしていきましょう

1484239645928.png


1469809491606.png


1486567889319.png


2月

1487323892870.png


3月

1488383122848.png
昔絵板でみた、どなたかの投稿をおもいだしながら描く

5月

1494892283795.png


1494976092616.png


6月

1496897170801.png


ゆり誕2017.jpg
大谷ゆりさん誕生日のために

7月
かすみ誕2017.jpg
遠峯かすみさん誕生日によせて

20170720a.jpg
クレパスちょっとたのしくなってきた

8月
1503441271486.png


9月
170912_2130_001.jpg
川村くみさん誕生日に

1505869658560.png


170926_1947_001.jpg


12月
1513611204997.png

生きてるんですけどね!!!!!!!!!


posted by 02 at 20:10| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月09日

2016年

20160918_1061932.gif

津志田西にるりいろ商店開店しました
古道具はじめいろいろ愉快なもの売ります買います
くつろぎスペースもありますのでごゆっくり

気が付くと息子のいる日々

1月
1451638071504.png


1452170163167.png


1452519734038.png


1453125613348.png


1453905939260.png
フムアルヌクファムップアッファさん単行本発刊おめでとうございます

1453990882466.png


2月
1454934781762.png


3月

1457270040125.png


1457613621305.png


1457617470436.png


1457785436825.png


1458303823002.png


1458740590226.png


1459344364055.png


4月

1460896517504.png


5月

1462368318157.png


1464188701104.png
未完ですけど

1464524373113.png


6月

1465265891130.png
大谷ゆりさん誕生日によせる

1465408542790.png
ロシアさんがゆり誕につきあってくれましたやったー!

1465393603304.png


1465396621521.png


1466606116502.png


7月

1467814607092.png
遠峰かすみさん誕生日ですよ

1468030607614.png
ロシアさんも祝ってくれたので

1468422084735.png


1468550961333.png


1469115051553.png


1470322092578.png


9月
1474631822330.png
川村くみさんお誕生日によせて。

161020_2130_001.jpg
銅版画初体験。もっと書き込みたかったけど時間がなかったのです

1478184501363.png








posted by 02 at 21:19| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月03日

2015年

1月
1420127888606.png


1419954851650.png
角笛といえばラッパ、ですがオカリナみたいなのもあるのでこれをゲムスホルンと呼びます
しかしあえて角を材料に選ぶ理由が見た目以外にみつからない

1420965193819.png
#見ないでF−4 主翼につい下反角をつけてしまった

1420968506472.png


3月
盛岡なう
1427727447573.png


1427720978785.png


4月
1429349636460.png
仕事始めました
新しい仕事二つほぼ同時にはじめるというなかなかハードな人生

CBrC8Z0VIAEZzdC.png large.png
バターが描いてくれたので

tikuwa1429523177485.png


tikuwa1429637342606.png
なんかバターがまた描きやがったので

tikuwa1430140911772.png
仕返しに丹波鈴さん描いてやったぜ

5月
1431433696139.png


1430833407015.png
さんのデューク借りて描いたぜ
しかし乗ったことのないバイクは自信持って描けないものです

tikuwa1433062726058.png
サービス終了直前のバター板荒し納めに描きました
モデルは死体屋さんとこの悪

OB1433074498692.png
ymrさんとこの板もサービス終了するそうなので荒してみ

6月
1434892077299.png
ゆりちゃん誕生日によせて。どりどりしすぎた

1433769756720.png
絵板に投稿するときの気分はおよそこんなかんじですかね

OB000001.png
バターの板にて

7月
1435724284615.png
かすみ誕2015イエローナイフ豊作祈願

1436619480712.png


1436620470300.png

たまにはボインさんも描こう

1437224712635.png
ミスタービーンをミスタービンと空目するぐらいの耄碌

8月
1439908949433.png


9月
1441687282188.png
ちょっと早めにくみ誕

1442872668496.png


1442989966577.png


1443616478885.png


10月
1443962697825.png
この秋大注目のモテカワファッションアイテムといえば、そう、ロキソニンシップ!
これを貼らずしてオシャレを語ってはいけないと断言するコも!
腱鞘がぎしぎしするの!なんてちょっぴり生々しい話題も、気のおけない間柄ならアリ、なのです

1445259696364.png
太陽神の追跡を逃れ得ないと悟ったナマコのニンフは助けて、と必死で叫びました
それを聞いた父なる海の精霊の力により、太陽神に触れられた彼女の体はみるみるうちに豊かに茂る一株のゴーヤに変わっていったといいます
ときに恋は苦い、というこの逸話が太陽神のゴーヤ冠の由来です

1445775321598.png


11月
1446640471198.png


1447769192884.png


1448890134486.png
七介単行本発売おめでとう

12月
1450874962094.png


151231a.jpg
よいおとしを
posted by 02 at 22:30| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする